Press "Enter" to skip to content

R入門1日目

wyosis 0

今日からR言語で統計を勉強します。既にドットインストールで使い方は学び終えた。ざっと使ってみた感想としては、プログラミング言語よりはmaximaとかOctaveみたいなツールの感じ(この2つもプログラミング言語に含まれるのかもしれないけど)。データセットがデフォルトで用意されてるのは嬉しいですね。ちょっと不満なのは代入演算子が=ではなくて->なこと。毎回間違えるからイライラしてしまう。

 

次の段階として、Rで統計する本を探した。面白そうな本で、

Rではじめるデータサイエンス

があった。日本語だと相応の値段だが、英語が無料で(!)公開されているそう。 http://r4ds.had.co.nz/index.html

ということでこれを約1ヶ月かけて翻訳・勉強することにした。ちなみにCC byでもあるので、問題ない範囲でなら自由に利用できる・・・はず。

1 Introductionは長いので、今日は2 Introductionから。英語得意じゃないので結構時間がかかる。以下メモ書き。2章は短いのでほぼ全文に目を通せたが、他の章は図やソースコード込とはいえ結構長いので飛ばし読みになると思う。

このサイトのゴールは「データ探索」を早くこなせるようにしよう ということ。そもそも全体の流れは、

  1. データの読み込み
  2. 整形
  3. [サイクル]変形→可視化→モデリング(?)
  4. 結果が出る

というもので、この3番を探索と言うらしい。探索では何度も仮説を立て、それを検証することになる。

  • 変形…重要な変数を選んだり、結果をフィルタリングしたりできるようにすること
  • 可視化…結果を明瞭にするために行う
  • モデリング…22章で解説

今日はここまで。

CC by Garrett Grolemund, Hadley Wickham

http://r4ds.had.co.nz/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。